Road Sector

技術部
道路課

上級主任技師
小嶋 博人Hiroto Kojima

プロフィール

出身: 札幌市
最終学歴: 北海学園大学 工学部 土木工学科
入社年: 1996年
主な仕事: 道路設計
保有資格: RCCM(道路) / 一級土木施工管理技士 / 測量士

入社エピソード

大学の教授から入社当時かなり伸びている会社と紹介を受け、面接試験後新卒で無事入社。道路都市部道路2課へ所属し、楽しい先輩や上司たちにかこまれ仕事を少しづつ覚えていきました。平成13年度には北海道建設技術センターへの出向で積算に係わる知識を深め、平成15年度で主任へ昇格、その後何度か社内体制が変わるが、入社以来現在まで道路設計に携わってきました。

休日の趣味

遅起き、サッカー

仕事をする上でのモットー

既成概念にとらわれず、なんでも発想してみる、発想したこと試してみる。土木工学は先人達が積み上げた知恵と経験から成り立っている工学ですが、その技術の使い方は過去をなぞるのではなく、今を生きる私たちがおおいに応用していくことで時代に見合った新しいものが出来ていくと考えています。

INTERVIEW仕事についてききました

「道路」に関係しているあらゆる工種を設計します。

道路本体のほか、法面対策、災害復旧設計など道路に関係する工種の設計を行います。
設計に関して第三者の意見を聞くため社内で相談します。社外でも多くの業者と打ち合わせをしながら進めていきます。

誰かのためになっていると
実感できる瞬間が、うれしいですね。

道路改良工事の現場で、常時両側通行を確保して施工するために何段階も交通を切り替え綿密に施工図を作成しました。切り替え方法は多岐に渡るため発注者と協議し方針を固めていくのにかなり苦労したのですが、苦労して施工図を作成した甲斐あって、施工業者からは非常に施工がしやすくスムーズに工事ができると絶賛され非常に嬉しく思いました。
発注者、地元の方、施工業者などに業務を通して出会い、感謝されるとやりがいを感じます。

設計は正解の無い仕事。
自ら生み出していくことが好きな人に
向いていると思います。

既成概念にとらわれず、なんでも発想してみる、発想したこと試してみることが大切です。設計は指針や基準に沿う必要がありますが、正解が無いので自分で形状寸法を決定していきます。
土木工学は先人達が積み上げた知恵と経験から成り立っている工学ですが、その技術の使い方は過去をなぞるのではなく、今を生きる私たちがおおいに応用していくことで時代に見合った新しいものが出来ていくと考えています。

向上心と明るさがあれば大丈夫。
失敗を恐れずに一緒に挑戦しましょう。

新人の頃は、初めての現場や仕事で慣れていなく失敗してしまうこともありました。
多くの明るい先輩方に支えてもらいながら乗り越えました。どれもいい経験になっています。最初から全部出来なくても心配いりません、必要なことは少しずつ身につけて行きましょう。

SCHEDULEある1日のタイムスケジュール

  • 8:00
    出社、作業の優先順位を確認
  • 12:00
    お昼休み
  • 13:00
    午後の仕事、設計、協議資料作成
  • 17:30
    日報等、社内システムの入力、明日に継続する仕事の作業内容をメモ
  • 17:45
    帰宅
  • 20:00
    繁忙期は間食後、その日の作業を終えるまで残業

PHOTO現場の様子を撮影!