施設保全

点検調査

最近では既存ストックの有効利用や長寿命化を目的とした、施設の劣化調査等が注目されています。また、近年頻発している災害においても、復旧計画の基礎データとして施設の健全度を把握するために効率的な調査方法が必要とされています。当社では、道路・トンネル・橋・河川・堤防・漁港・港湾・空港・海岸などの土木施設の他、土石流・崖崩れ・地すべりなどに対する土砂災害基礎調査を行っています。調査においては、日々進歩する測量・調査における新技術を積極的に取り込み、調査効率の向上・調査精度の向上に努めています。

詳しく見る

予測評価

調査・試験結果および、三次元FEMなどの解析結果をもとに、損傷の進行状況を予測して、残存供用期間(余寿命)を設定します。

詳しく見る

保全・維持管理

現場調査から室内試験等・構造物や現場状況に合わせ必要調査内容や試験項目を提案、お見積もりします。

詳しく見る

代表実績

・雄信内川応急対策工事耐震性能調査 _留萌建設管理部
・当別浜益港線外防B500-3地方道工事橋梁点検その2 _札幌建設管理部
・釧路建設管理部管内橋梁点検委託その1 _釧路建設管理部
・稚内建設管理部管内道路大型構造物点検その1 _稚内建設管理部
・一般国道40号豊富町道路付属物点検外一連業務 _稚内開発建設部稚内道路事務所
・市町村橋梁点検委託業務(留萌・稚内地域) _北海道建設技術センター
・苫小牧港外1港現地調査業務 _室蘭開発建設部
・節婦漁港水産物供給基盤機能保全工事基本計画書作成 _室蘭建設管理部