情報・技術 | 事業紹介 service

測量・補償

・久著呂川河川統合流域防災工事(自然再生)地形調査委託 _帯広建設管理部
・東千歳(4)構内道路整備等測量調査 _北海道防衛局
・創成川処理区V-8000(北33条西3丁目ほか)路線測量 _札幌市
・サロマ湖漁港深浅汀線測量業務 _網走開発建設部
・三石漁港外1港深浅測量業務 _室蘭開発建設部
・一般国道228号松前町荒谷測量調査業務 _函館開発建設部
・雨竜川ダム再生事業の内雨竜第2ダム右岸2工区用地測量業務 _札幌開発建設部

情報システム

・BIM/CIMデータ作成支援
・調査設計におけるICTを利用した新技術の活用検証
・情報セキュリティ対策計画、運用管理
・社内ITインフラ(ネットワーク、サーバ等)環境整備・運用管理、ITヘルプデスク
・基幹系システム開発

マネジメント

・門別出張所管内現場技術業務 _室蘭建設管理部
・今金出張所管内技術管理業務委託その2 _函館建設管理部
・霧多布港海岸防潮堤嵩上改良工事等施工監理委託業務 _浜中町
・網走港 監督等補助業務 _網走開発建設部
・青苗漁港外1港監督等補助業務 _函館開発建設部
・抜海漁港外5港監督等補助業務 _稚内開発建設部

ソフトウェア・システム開発・システム整備

 

各種計測データなどの計算、分析、解析、シミュレーションのためにソフトウエア・システム開発を行います。

Excelを活用した簡易的なものから、RDBMSを採用し同時利用を想定したものまで作業形体に合わせたシステム整備を行います。

 

【実績】

・WEB型 情報提供サイト構築

・業務管理システム構築

・LAN、サーバシステム整備

CIM/i-Constraction対応

ICTや3次元データモデルの活用として、建設生産プロセス全体(調査~設計~施工~維持管理)への導入・活用を行うCIMや、同様に建設生産性向上を目的としたi-Constractionの取組に対し、積極的に調査、設計データの3次元化対策を行います。

GIS・CG構築

■GISの活用
GIS(地理情報システム)は、地図や空中写真、統計データ等を空間的に図化・表現を行うことで、状況掌握や判断を容易に行うことができます。
この機能を活用してストックマネジメントのための情報管理・データ分析を行い、施設の状況や内容、位置情報を判別するためのGISデータ構築を行い、維持管理を行うための情報整理や、検討資料作成等の提案をします。

 

■CG構築
公共施設には自然環境との調和や完成後イメージができるようにCGによるパース図や、フォトモンタージュの作成をし、発注者や施設利用者(周辺住民)の合意形成のためにわかりやすい資料作成をします。

施工監理

社会資本整備を行う上で、安全な施設を提供するために品質管理は重要です。私たちは、監督員の補助として建設現場での施工監理を通じ、品質確保と向上を図っています。

また、設計者の立場として、施工上の留意点などを発注者、施工会社との三者検討会などを通じて補足・指導等を行っています。

高精度測量

公共測量以外に、1級GPS測量機、1級レベル・標尺・1級トータルステーションなど高精度の測量機器を使用した高精度測量も行います。

写真は橋梁供用後の橋脚部変位の測定依頼を受けたもので、変位量の経年変化を把握するため、測定基準点から橋脚部の変位(水平・垂直位置の移動)測定を行います。

 

グラフは、上記の作業により得られたデータ(基準点から橋脚までの距離)を基に、変位量の経年変化を解りやすくしました。

3次元地形測量

当社では、陸上部ではドローンによる写真測量、3Dスキャナー、水中部では、マルチビーム測深機を用いた3次元による地形測量を行っています。

従来平面的にしか表現できないものを、三次元データを取得し3次元地形モデルを生成することで近年のi-construction(計画・設計~施工、管理までを3D管理する)にも対応した様々な用途に活用できるデータを作ります。

基準点測量

測量業務の基礎である基準点測量は、測地成果2000の以降に伴う電子基準点の整備等により、高精度な測量成果が得られるようになりました。

当社ではGPS測量機をいち早く導入し、数々の現場において精度検証を行い、その有効性を確認しています。

水準測量は、1級電子レベルと1級バーコード水準標尺等により1~4級水準測量を行い、高精度な成果を提供します。

1級電子レベルは地盤沈下の監視測定や、トンネル建設における坑外水準点設置など、高精度が要求される業務に対応可能であり、様々な実績があります。